【写真まとめ】選手の熱気と会場の静寂 コロナ下の五輪

映像報道部・五輪取材班
[PR]

 7月23日に開幕した東京五輪は終盤戦に入った。

 1年の延期を経て最高峰の舞台で競うアスリートたちの姿には胸を打たれる。死力を尽くして闘う姿、敗者が勝者をたたえる美しい瞬間。アスリートが競技場で見せる数々のシーンは、スポーツの魅力を雄弁に物語っている。

 一方、「バブル」の外では新型コロナの感染拡大に歯止めがかからず、2日には緊急事態宣言が首都圏の3県と大阪を加えた6都府県に拡大。大会の開催前に聞かれた「ウイルスに打ち勝った証し」という言葉を耳にすることも無くなった。

 観客のいないスタンドやマスク着用での表彰式、感染対策にひたむきに取り組む運営スタッフの姿――。競技場のあちこちに新型コロナの存在を感じさせる光景が広がっている。

 朝日新聞映像報道部のフォトグラファーが見つめた「輪の中」を写真で振り返る。(映像報道部・五輪取材班)