尾身氏、五輪開催が「人々の意識に影響与えた」 衆院委

新型コロナウイルス

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、4日の衆院厚生労働委員会閉会中審査が開かれた。感染急増地域で入院を制限する政府の新方針などについて、与野党から質問が集中した。主なやりとりは次の通り。

 【中等症患者の扱い】

 公明・高木美智代氏 一昨日開催された関係閣僚会議で、中等症を原則、自宅療養とすることとしたと聞いた。酸素吸入が必要な中等症患者を自宅で見るなんてありえない。撤回も含めて検討をしてほしい。

 田村憲久厚生労働相 おっしゃる通り、呼吸管理がされている方が入院しない、自宅に戻すということはありえない。

 立憲・中島克仁氏 重症化リスクが高い基礎疾患を持っている方、高齢者も自宅でみる可能性があるのか。

 厚労相 リスクがそれほど高くない中等症の方に関しては、在宅もいると思う。今どのような方々を対応するかを検討している。

 【入院制限の責任】

 立憲・長妻昭氏 これまで入院すべきだとされた方の入院を絞る方針を明らかにした。まず、国民の皆さんに対する謝罪から始まるべきだったが。

 厚労相 デルタ株は世界中で感染スピードが非常に速い。感染拡大のスピードはいろんな問題が起こる一番のポイントだ。医療資源は短期間に急に増えない。やはり重症化のリスクが高い方、今重症の方々に病床をしっかりと確保しなければならない。緊急事態に入りつつある中において、先手先手をうって対応している。我々は最悪の状態を常に想定しておかないと、本来助かる命が助からない。

 長妻氏 全く質問に答えていない。入院すべき方が入院できないという状況が今起こってしまった。責任者である厚労大臣が、まずは謝罪をして説明しなかったらどうするのか。これは人災だ。

 【感染拡大と五輪との関係】

 長妻氏 東京を中心に感染が相当増えている。オリンピックとの関係は。

 尾身茂・政府対策分科会会長 オリンピックをやるということが人々の意識に与えた影響はあるんではないか、というのは我々専門家の考えだ。

入院制限への方針転換「政府から相談なかった。自宅療養も重症者出ている」

 【専門家への相談】

 立憲・早稲田夕季氏 入院制限へ方針転換する前に政府が分科会や会長には意見を聞かれたのか。

 尾身氏 政府とは毎日いろんなことで相談、連絡、協議していますが、この件に関してはとくに相談、議論をしたことはない。

 早稲田氏 専門家の意見は聞いていないのか。

 厚労相 病床のオペレーションの話で、これは政府が決める話だ。

 立憲・山井和則氏 今回の方針転換で必要な医療が受けられずに自宅で亡くなる方のリスクが高まるのではないか。

 尾身氏 自宅療養も実は40、50歳代の人が多くて、すでに重症化している人がときどき出ている。

 「入院か在宅か」という議論になりつつあるが、今の感染状況の中で国民のニーズに応えるためには一本足打法は駄目だ。一つ目は医療を病院だけでなく、地域全体でさらに強化する。二つ目は、宿泊療養施設の強化。最後に、自宅療養で軽症の人も重症化するリスクがあるから、すぐに医療に結びつけるようなシステム。この3点を総合的にやることが必要だ。

「思いがあまりにも違う」 分断生む東京五輪、医療現場や被災者の声

緊急事態宣言下、異例ずくめの中で開幕した、東京五輪。 その「平和の祭典」を複雑な心境で見つめる人々がいます。 医療現場や被災者、飲食店経営者など――。 それぞれの目に、五輪はどう映っているのか。現場を追いました。

【動画】分断の五輪 ―コロナ下のTokyoでー

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]