山梨・甲州で今年全国最高39.7度 各地で危険な暑さ

[PR]

 日本列島の広範囲が高気圧に覆われた4日、山梨県甲州市で、今年の全国最高気温となる39・7度を観測した。気象庁によると、福島市で38・4度、鳥取市も37・5度まで上昇するなど、各地で危険な暑さとなった。

 このほか、北海道浦河町で33・1度、宮城県大崎市で36・5度、山形県酒田市で35・1度など3地点で観測史上最高を更新。午後3時現在、気象庁が持つ全国919地点のうち、今年最多の180地点で気温35度以上の「猛暑日」となった。

 気象庁の4日午前時点の予報によると、5日の最高気温甲府市38度、岐阜市大阪市京都市熊本市などで37度と予想されている。名古屋市福岡市とともに北海道帯広市でも36度の予想で、東京都心では35度となっている。