• アピタル

入院制限に専門家「自宅で亡くなる人が増える可能性」

有料会員記事新型コロナウイルス

編集委員・辻外記子
[PR]

 新型コロナウイルス感染者の急増地域での「入院制限」の新たな方針が、波紋を呼んでいる。自宅療養者のさらなる増加にどう対応するか。人手の支援が課題だ。

 入院と自宅療養では、受けることができる治療に違いが出てくる。軽症や中等症向けで、「重症化リスクを減らす画期的な治療薬」として先月、特例承認された抗体カクテル療法も当面は、入院患者が対象となる。4日の衆院厚生労働委員会閉会中審査で、この療法について問われた田村厚労相は、「まずは短期入院で使う」と答えた。

 今回の方針転換を感染症の専門家はどうみるか。

 「これまで入院できた人が自宅で療養することになり、自宅で亡くなる人が増える可能性がある」。大阪大の忽那(くつな)賢志教授はこう話す。

オンラインを活用 遠距離からでも診察を

 「変異株の影響もあり、若くて持病がない人でも重症化する人はする。だが新型コロナは血中の酸素飽和度が下がっても、じっとしていれば息苦しさなどの自覚症状がないこともある。こまめに健康観察をして悪化を早く察知し、入院につなげるしくみが必要だ」

 だが、現在の人員でさらなる…

この記事は有料会員記事です。残り368文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]