11年前の高2殺害事件、元少年を殺人容疑で逮捕 兵庫

遠藤美波、井岡諒
[PR]

 2010年10月、神戸市北区の路上で、近くに住む私立神戸弘陵高校2年の堤将太さん(当時16)が刺殺された事件で、兵庫県警は4日、愛知県在住の事件当時17歳だったパート従業員の男(28)を殺人容疑で逮捕し、発表した。捜査に支障をきたすとして、男の認否は明らかにしていない。

 捜査1課によると、男は10年10月4日午後10時45分ごろ、北区筑紫が丘4丁目の路上で、堤さんの体を刃物のようなもので複数回刺すなどして殺害した疑いがある。

 県警は事件当時、男が現場近くに住んでいた可能性があるとみて調べている。

 捜査関係者によると、捜査員が4日、男の自宅を訪れて任意同行を求め、愛知県警小牧署で逮捕した。

 兵庫県警によると、堤さんは事件当時、中学生だった女性と路上で話していたとみられる。

 司法解剖の結果、堤さんは頭や首などを数カ所刺されており、死因は右首の静脈を刺されたことによる失血死だった。刃物を防ぐ際にできる手や腕の傷がほとんどなく、県警は、堤さんがいきなり刺された可能性が高いとみていた。

 現場から約100メートル離れた側溝からは調理用ナイフ(全長約20センチ、刃渡り約10センチ)が見つかった。刃から検出された血痕が堤さんのDNA型と一致し、県警は事件の凶器と断定した。その後の捜査で、現場近くのスーパーでも売られていたことを確認したという。

 事件があった現場は神戸電鉄有馬線・山の街駅の東約1・5キロ。周辺に住宅が並んでいるが、夜は人通りがほとんどなかった。

 県警は女性の目撃証言をもとに容疑者の似顔絵を作成するなどして捜査を進めてきた。12年からは有力な情報を寄せた人に捜査特別報奨金を払う対象事件になり、堤さんの両親も頻繁に街頭に立って情報提供を呼びかけていた。(遠藤美波、井岡諒)