田中希実が快挙、1500メートル決勝へ 自身の日本記録をまた更新

陸上

辻隆徳
[PR]

 東京オリンピック(五輪)陸上女子1500メートルは、田中希実が日本選手として初めて五輪に出場するどころか、13選手が出場する決勝にまでたどり着いた。

 「4分切り」

 これが決勝に進むため、田中が自らに課した条件だった。

 決して簡単な目標ではない。なぜなら、この時点の自己記録は、予選で出した日本記録の4分2秒33。それを2秒以上も更新しなければならない。それでも「自己ベストが出そうな感覚があった」という。

 スタート直後から頭の中は冷静だった。

 1レーンが空いていると見るや、するすると2番手へ。田中は「接触するくらいなら、ハイペースの自分のリズムでいこう」と割り切った。

 2周目から先頭で引っ張った。これにも狙いがあった。予選で「2周目は休む選手が多い」と感じていた。あえてペースを落とさず、後続の選手に力をためる隙をあたえなかった。

 残り500メートル付近で5番手まで順位を下げたが、ここから粘った。3分59秒19で5着。着順で決勝にいける順位に滑り込んだ。

 昨年から短い距離を走り込むスピードに特化した練習がいきた形だ。

 いつもは険しい表情の田中が、珍しく「ふわふわしている」とマスク越しでもわかる笑顔だった。そして、続けた。「理想のレースができた」

 21歳は日々進化中。6日の決勝でも再び成長した姿を見せる。(辻隆徳)