女児死亡、17歳兄を傷害致死容疑で逮捕 転落を偽装か

[PR]

 小学1年生の妹(6)に暴力を振るい、死亡させたとして、滋賀県警は4日、無職の少年(17)を傷害致死の疑いで逮捕し、発表した。妹は今月1日、大津市の児童公園から救急搬送され、少年は当時、近所の人に「ジャングルジムから落ちた」という趣旨の説明をして119番通報を頼んでいたという。県警は転落事故を装った可能性もあるとみて事情を聴いている。

 県警によると、少年の逮捕容疑は、7月下旬から8月1日までの間、大津市内の自宅で、妹の腹や背中を足で蹴るなどの暴行を複数回加え、内臓破裂などの大けがを負わせ、1日に死亡させたというもの。県警は少年の認否を明らかにしていない。

 1日午前9時40分ごろ、大津市北大路3丁目の公園で「ジャングルジムから女児が落ちた」と近所の人から119番通報があった。女児は搬送先の病院で死亡が確認された。全身に多数の皮下出血があり、死因は外傷性ショックだったという。県警は当初、転落事故とみて捜査していた。少年は妹と母との3人暮らしだったという。