• アピタル

「3回目接種停止を」 WHO、低所得国の供給不足受け

新型コロナウイルス

ローマ=大室一也
[PR]

 新型コロナウイルスのワクチンをめぐり、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は4日のオンライン会見で、高所得国を中心とした3回目の追加接種について、少なくとも9月末まで一時的に控えるよう求めた。低所得国との接種格差が広がるためとしている。

 免疫力を高める追加接種は「ブースター」と呼ばれ、感染力が強いデルタ株の広がりなどに対応するため、各国で計画が進んでいる。

 WHOは、9月末までに全ての国で人口の10%がワクチンを接種することを目標に掲げていたが、達成は厳しい状況にある。人口100人に対する接種回数は現在、高所得国がほぼ100回に達しているのに対し、低所得国ではワクチンの供給不足から1・5回にすぎないという。

 高所得国などの「ブースター」の動きについて、テドロス氏は「デルタ株から国民を守ろうとする全ての(国の)政府の心配は理解できる」としながらも、低所得国では1回目の接種を待つ医療従事者や高齢者らがいることを念頭に、世界のワクチン供給の調整について協力を求めた。(ローマ=大室一也)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]