ベラルーシ選手、亡命先に到着 ポーランドできょう会見

モスクワ=石橋亮介
[PR]

 東京五輪の陸上ベラルーシ代表で、第三国への亡命を希望していたクリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手(24)が4日夜、亡命受け入れを表明して人道ビザを発給したポーランドのワルシャワに到着した。同国のプシダッチ外務副大臣がツイッターで明らかにした。

 ポーランド国営テレビによると、5日にも本人が記者会見を行うという。

 4日朝、保護されていた在日ポーランド大使館を出発し、成田空港から出国していた。同国政府は、2日にベラルーシを脱出しているツィマノウスカヤ選手の夫にも人道ビザを発給したとしており、ワルシャワで近く合流するとみられる。

 ツィマノウスカヤ選手は1日、「帰国すれば投獄される恐れがある」として保護を求めていた。2024年のパリ五輪を目指す考えを示しており、ポーランド政府は競技の継続を含む支援をするとしている。(モスクワ=石橋亮介)