増水した川で流されたふり容疑 自称ユーチューバー送検

魚住あかり
[PR]

 増水した川で流されたふりをして警察や消防を出動させたとして、静岡中央署は4日、静岡市葵区の自称ユーチューバーの男(34)を軽犯罪法違反(業務妨害)の疑いで静岡区検に書類送検し、発表した。男は「テレビ局などのカメラに映り込み、その映像をユーチューブにあげて再生回数をかせごうとした」と容疑を認めているという。

 署によると、男は先月3日午前11時30分ごろ、藁科川に入って流されたふりをした疑いがある。通行人が110番通報し、警察と消防約40人が出動したが、男は、流れの速さに身の危険を感じ、警察などが到着する前に自力で岸に上がっていたという。

 同日、静岡県内は各地で大雨に見舞われ、熱海市では大規模な土石流が発生していた。(魚住あかり)