中等症、医師「人生で一番苦しい」 一般認識とギャップ

有料会員記事新型コロナウイルス

聞き手・阿部彰芳
[PR]

 軽症は「かぜ」、中等症は「息苦しさは出そう」、重症なら「入院は必要だろう」。新型コロナウイルス感染症の症状に、こんなイメージを抱いていないだろうか。だが、実際にはこんなに甘くない。それを端的に描いた一枚のスライドが反響を呼んでいる。スライドをつくった米ジョージタウン大学内科助教の安川康介さんに作成の意図を聞いた。

写真・図版
コロナの病状について、一般の人と医者との認識のギャップを描いた安川康介さんのスライド

――このスライドをなぜつくろうと思ったのですか。

 重症者や死者の人数は毎日のように報道されますが、中等症は、数字として見えづらい。でも、30~40代の感染者ではそれなりの割合になり、病状もつらい。私も肺炎になって苦しんでいる30~40代の患者さんをたくさん診てきました。

 このあたりが、一般の人に正確に理解されていないのではないかと思いました。

 新型コロナワクチンの正確な情報を届ける「こびナビ(CoV-Navi)」という団体で、幹事をしています。そこで、「日本では重症者が少ないから、ワクチンはいらないんじゃないか」というコメントをいただきます。

 東京都の重症者は4日時点で115人と報道されています。人口規模から考えたら、確かに、たいしたことはなさそうですよね。

 でも、東京都の重症者の基準は、米国では重症より重い「重篤(クリティカル)」にあてはまります。

 米国の重症に近いのは、日本でいう「中等症2」です。「ワクチンの重症化を防ぐ効果」という際の「重症」も、日本の「中等症2」と「重症」を含めたものに近い定義です。

 中等症2は、血中の酸素飽和度が93%以下になり、酸素投与が必要です。それより軽い「中等症1」は、酸素飽和度が96%未満で、肺炎があり、つらい状態です。健康な人の酸素飽和度はだいたい96%以上です。

写真・図版

――7月20日にツイートし、10日間で1400万超の人が目にしました。

 みなさんが知っていることなら、これだけの反響はないと思います。

 ただ、反響があったこと自体に問題意識を持ちました。新型コロナと1年半以上つきあってきて、医者にとって当たり前のことが、伝わっていなかったわけですから。

――想定外でしたか。

 スライドは数十分ほどでつくりましたが、こんなに反響があるとは思いませんでした。

苦しさがなくても要注意

――医者がイメージする中等症は「人工呼吸器はいらない・肺炎は広がっている・多くの人にとって人生で一番苦しい」と書いています。

 新型コロナでは、せき、発熱だけでなく、嘔吐(おうと)や下痢などの消化器症状、味覚障害、嗅覚(きゅうかく)障害など、色々な症状があります。しかも、インフルエンザなどと比べ、長く続くことが多い。

 症状が苦しい、重いというだけでなく、それが続くということがあるので、そう書きました。

 ただ、問題があります。

 血中の酸素飽和度が下がっているのに苦しさを感じない「サイレント・ハイポキシア(サイレント低酸素血症)」の人もいます。苦しくはなくても、放っておけば、亡くなってしまいます。

 症状ばかりに焦点が当たると、このことが抜け落ちてしまい、伝え方は難しいと感じています。

 サイレント・ハイポキシアは、パルスオキシメーターで、酸素飽和度を測らないとわかりません。酸素飽和度が下がっていたことに気付かず、亡くなった人もいると思います。

 基本的に酸素飽和度は90%以上ないと、重要な臓器に酸素が十分届きません。90%以下が続けば、亡くなってしまう危険があります。

 さらに、新型コロナは、症状の進みが速いことがあり、いつどうなるかわからない不安がある厄介な病気です。いま中等症でも、次の日には、肺炎が進んで重症になっていることがあります。

中等症2 40~50代で1割

――感染した人のうちのどのくらいが、中等症になるのでしょうか。

 全国データはないようですが、大分県では、中等症2以上になった30代は25人に1人、40代、50代では10人に1人です。

 高知県でも、30代で中等症4%、40代で中等症11%、重症1%という、だいたい同じようなデータがでています。

――和歌山県のデータをみると、春に変異株(アルファ株)に感染し、肺炎になった人は20代で28%、30代で47%でした。かなり高いと感じました。

 新型コロナは、すごく肺炎を起こしやすい。ある程度、息苦しさがある人では、CTを撮れば、だいたい肺炎があると思います。

 もちろん、肺炎になっても…

この記事は有料会員記事です。残り864文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]