保育園バス死亡事故、炎天下で再現実験 温度上昇調べる

西田慎介、加治隼人
[PR]

 福岡県中間市の双葉保育園で倉掛冬生(とうま)ちゃん(5)が送迎バスに閉じ込められ死亡した事故で、福岡県警は5日午前、車内の温度が当時どれくらい上昇したかを調べる再現実験を園の駐車場で始めた。午後までデータの収集を続ける。

 冬生ちゃんを乗せたバスは7月29日午前8時35分ごろに園の駐車場に到着。冬生ちゃんはバス内に約9時間にわたって閉じ込められたとみられる。死亡推定時刻は午後1時ごろで、死因は熱中症だった。県警は業務上過失致死の疑いで調べている。

 気象庁によると、事故当日は、中間市に隣接する北九州八幡西区の観測地点で午前11時に33・1度の最高気温を観測。実験が行われた5日も、朝から強い日差しが照りつけ、園の駐車場に日陰はほとんどなかった。駐車場の一角に止められたバスの周りには警察車両が止められ、目隠しのブルーシートが張られた。

 実験は事故当日と同様の気象条件のもと、ドアが施錠され、窓が閉められていた当時の状況を再現。車内の温度がどう変化するかを調べる。(西田慎介、加治隼人)