競技場前で、24時間営業続けた 老舗・ホープ軒の一日

有料会員記事

伊木緑、増山祐史、藤野隆晃
[PR]

 東京オリンピック(五輪)のメイン会場である国立競技場の向かい側。ラーメン店の「ホープ軒」(東京都渋谷区)は、1975年にいまの場所に店を開いて以来、年中無休・24時間営業を続けてきた。五輪が変えた風景と変わらぬ日常。4日朝からのまる一日を追った。

 午前6時過ぎ。

 個人タクシー運転手の山吹昇さん(62)が券売機の「もやしラーメン」を押した。「こってりしているけど、脂っこすぎない。無性に食べたくなる味なんだよ」。38年間、週に1度は欠かさず朝食にしてきた。タクシー仲間が多かった店に工事の作業員が目立つようになったのは、2015年に競技場の建て替えが始まったころからだという。「五輪が始まったらどれほど盛り上がるんだろうって、みんな期待を抱いてたよね」。でもコロナ禍もあって売り上げはさっぱり。「もっと忙しい夏になるはずだったのに」

 午前9時過ぎ。

 競技場で陸上が始まった。ア…

この記事は有料会員記事です。残り2105文字有料会員になると続きをお読みいただけます。