大江千里「もう歌わない」 47歳で歌を捨て目指した夢

有料会員記事

定塚遼
写真・図版
大江千里=ソニー・ミュージックダイレクト提供
[PR]

ちゃんちゃんこを着てヒット曲歌う未来 違和感覚えた

 47歳のとき、大江千里は歌うことをやめ、ポップスターの座を自ら降りた。「還暦になった自分を想像した。赤いちゃんちゃんこを着てヒット曲歌うのは違うと思った」。そして、長年夢見ていたジャズピアニストへの道を歩み出した。裸一貫で飛び込んだ米ニューヨークの音楽大学。一番下のクラスからのスタートだった。

 1983年のデビュー以来、「十人十色」「格好悪いふられ方」「ありがとう」「あいたい」など、数多くのヒット曲を放ち、司会者や俳優としても活躍した。だが、その間も、ジャズピアニストという夢をずっと胸に抱えてきた。

 2008年、「長年あった思いが、バーンと爆発した。頭の中の信号がビュンビュンビュン、とすべて青になって、ジェットコースターのように進み始めた」。

「僕はもう高い跳び箱を跳べないんだ」愕然として、泣いた

 歌に戻る気は、もうない。「…

この記事は有料会員記事です。残り1337文字有料会員になると続きをお読みいただけます。