「ウクレレヒーローがいたっていい」 革新続ける28歳

有料会員記事

定塚遼
[PR]

ウクレレはハワイ音楽に閉じ込められている?

 ウクレレといえばハワイアン音楽だ。28歳のウクレレ奏者・名渡山(なとやま)遼は、そんな強固に結びついた固定観念を打破し、ウクレレの楽器としての可能性を広げようとしている。

 ロックやラテン、ファンク、ジャズ、フランス民謡……。7月28日にリリースした新アルバム「Sense」では、異なる表情を見せる10曲が並んだ。

 打楽器のように弦をたたきつけて音をだすベースの奏法・スラップを初めてウクレレに取り入れる試みなど、いずれの楽曲も、従来のウクレレのイメージとは一線を画した革新の風が吹く。

「ウクレレがかわいそう」 革新が生んだ反発

 ときにギターのような鋭いカッティングを見せるが、放たれる音はギターよりも早く減衰し、吸い込まれるように消えて残響を残さない。

 「桜が散るようなはかなさ」…

この記事は有料会員記事です。残り730文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら