「見えない」ボールを打ち返す 卓球・水谷隼の「信じがたい」技術

有料会員記事卓球

吉永岳央
[PR]

 「おしゃれです、おしゃれ」。卓球男子日本代表の水谷隼が冗談めかして笑ったのは、東京五輪が開幕する2日前だった。

 会場での公式練習。サングラスをしていたことを報道陣から問われ、「かっこよくないですか?」とおどけてみせた。

 水谷がサングラスをするのは、ボールがはっきり見えないから。彼の目はもう、以前のようにボールの性質を見極めるのが難しい。

 目の不調は2018年1月ごろからだという。

 「ボールがちょっと光っている感じ。回転は基本的にマークで見極めるけど、それが一切見えなくなってしまった。回転が全然分からないんです」

 卓球は「回転のスポーツ」と…

この記事は有料会員記事です。残り1054文字有料会員になると続きをお読みいただけます。