道頓堀に落として殺害容疑 ドミニカ共和国籍の男を逮捕

[PR]

 大阪・ミナミの繁華街で2日夜、ベトナム人男性を川に落として殺害したとして、大阪府警は5日、ドミニカ共和国籍の無職、クルス・カブレラ・ブライアン・アルベルト容疑者(26)=住居不定=を殺人の疑いで逮捕し、発表した。「弁護士と話してからでないと話せない」と話しているという。

 捜査1課によると、逮捕容疑は2日午後8時20分ごろ、大阪市中央区心斎橋筋2丁目の道頓堀川沿いの遊歩道で、ベトナム国籍の無職、チン・トゥ・アインさん(21)=同市西成区=の頭部を複数回蹴るなどの暴行を加え、川に落として殺害したというもの。アインさんは溺れたとみられ、死因は窒息だった。

 2人は事件前、現場付近で他の数人と酒を飲む姿が目撃されており、府警はトラブルになったとみて調べている。防犯カメラ映像などからカブレラ容疑者が浮上し、府警は3日、同市西成区内のホテルにいたところを出入国管理法違反(不法残留)の疑いで現行犯逮捕していた。