作新学院の野球部員3人が陽性「大会参加へ慎重に準備」

[PR]

 朝日新聞社と日本高校野球連盟は5日、主催する第103回全国高校野球選手権大会(9日開幕)を前に実施した新型コロナウイルスのPCR検査で、作新学院(栃木)の部員2人の陽性が確認されたと発表した。他の48校は全員が陰性だった。

 作新学院では、大会前検査の実施前に部員1人の陽性が確認されており、感染者は計3人という。朝日新聞社と日本高野連は4日、緊急対策本部を開き、保健所が濃厚接触者はいないとしたことや宿舎入り予定の30人について陰性が確認されたことなどを踏まえ、個別感染と判断。6日に宿舎に入った後、14日の高松商との初戦までの間に、4回のPCR検査を実施するなどして、「大会参加へ向けて、慎重に準備を進めていく」とした。

 陽性となった3人は無症状で現在、自宅待機しているという。

 発表によると、作新学院では今月1日に部員1人の陽性が確認された。保健所は部内に濃厚接触者はいないとした。2日に指定宿舎入り予定の32人を対象に大会前検査を実施して検体を採取、3日に結果が判明し、部員2人の陽性が確認された。4日の保健所の検査で、陽性が確認されていた2人以外の30人の陰性が改めて確認され、濃厚接触者もいないとされた。

 甲子園大会の新型コロナ感染対策ガイドラインでは、大会参加の可否を判断する際、「集団感染か個別感染かを重視する」としている。

来場者へ直行直帰のお願い 

 朝日新聞社と日本高校野球連盟は5日、第103回全国高校野球選手権大会の全49代表校に対し、学校関係者の来場の際の注意を促す文書を4日付で送ったと発表した。新型コロナの感染拡大を受け、政府が都道府県を越える移動をできるだけ避けるよう求めていることなどを踏まえ、関係者の人数を管理可能な範囲にすることや応援を最優先して直行直帰することなどを呼びかけている。