「跡は付いとらん」が…金メダルかじり 河村市長が謝罪

有料会員記事

関謙次
[PR]

 河村たかし名古屋市長は5日、東京五輪ソフトボールで金メダルを獲得した後藤希友投手(20)の表敬訪問を4日に受けた際に金メダルをかじったことについて、「宝物を汚してしまい、配慮が足りなかった。コロナ禍にも不適切な行為だった」と謝罪した。

 河村氏は会見で、高校時代にバドミントン部だったとした上で「金メダルに強いあこがれがあり、『これが金メダルか』と、とっさにやった」と釈明。「あの時は非常にフレンドリーな感じだった」と述べ、後藤投手を喜ばせたい意図もあったと説明した。

 パワハラセクハラとの指摘には「嫌がらせの認識は全くなかった」と話した。「歯が食い込むようなかみ方はしていない。跡は付いとらんと思う」とも述べた。

「俺だったら泣く」「リスペクトない」メダリストから批判続々

 市には5日夕までに電話やメ…

この記事は有料会員記事です。残り947文字有料会員になると続きをお読みいただけます。