神戸山口組傘下組長ねらい、発砲か 神戸市内の路上で

[PR]

 兵庫県警は5日、神戸市兵庫区三石通1丁目の路上で、特定抗争指定暴力団・神戸山口組傘下の男性組長(67)が、拳銃のようなもので撃たれて軽いけがを負った、と発表した。

 兵庫署によると、組長は自宅付近の路上で何者かに銃撃を受けたと説明し、1発が左ももに当たっていたという。

 組長は2019年4月、神戸市中央区の商店街で、肩や尻を刃物で刺されて重傷を負い、対立する山口組系組員2人が殺人未遂容疑で逮捕された。県警は、山口組分裂をめぐる対立を背景とした抗争事件の可能性があるとみている。