ほぼ「密」、ビール片手大声で声援 札幌市で五輪競歩

陸上

岡田昇、鈴木剛志、榧場勇太、角拓哉、能田英二、斎藤徹
[PR]

 東京五輪の男子20キロ競歩が行われた5日の札幌市の目抜き通り沿いの歩道は、レースを見守る人でほぼ「密集状態」になった。新型コロナの感染の波が再び襲うなか、沿道での観戦自粛が呼びかけられたが、日本選手が優勝争いに加わる白熱したレース展開に、大声で声援を送る人もいた。

 発着点そばの札幌駅前通の歩道には高さ1・8メートルほどの黒い幕が張られ、スタートが見えないようにされた。発着点がのぞき見える大通公園に面した商業ビル「大通ビッセ」2階には、スタートの午後4時半に40人ほどが集まった。市内の30代会社員男性は「コースが決まった時からここで見ようと決めていた。地元に五輪が来たのだから少しでも見たかった」。

 大会組織委員会は北海道や札幌市の要請に応じ、競歩とマラソンで沿道での観戦自粛を呼びかけることを決めた。コースと歩道の間にバリケードを設けて空間をつくり、人が密集しないようにした。「観戦自粛」のプラカードを持ったスタッフがあちこちに立ち、レース前からものものしい雰囲気に包まれた。

 レースが始まると、立ち止まる人が増えた。バリケードの前でスマホカメラを掲げたり、選手に拍手を送ったりする光景が外周1キロの沿道全域に瞬く間に広がった。スタッフの呼びかけを聞き入れる人はほぼいなくなった。

 北側の折り返し地点近くで観戦した市内の会社員男性(36)は「五輪を生で見てみたかった。スタッフには申し訳ないが、コロナはあまり気にしていない」。発着点近くにいた愛知県の男性(68)は「屋外競技だし風も吹いている。室内競技とは違う」と意に介さない様子だった。

 レースの中盤以降は日本選手らが抜け出した。沿道の人たちの応援にも熱が入りはじめ、さかんに声援が飛ぶようになった。日本選手が先頭争いに絡むと、マスクを外して「がんばれ」などと叫ぶ人も目立った。

 選手が通過するたびに拍手を送っていた市内の男性(65)は「観戦自粛はわかる。だが、日本の選手が出場しているのだから、応援するのは当然」。北側の折り返し地点でビールを飲みながら大声で声援を送っていた市内の派遣会社員男性(21)は「この暑い中、選手ががんばっているのに声をかけないなんてあり得ない。コロナが怖いなんて言ってられない」と話した。

 一方、大通公園付近で観戦していた市内の女性(70)は「五輪の雰囲気や、競歩の歩き方を見たくて来たが、観戦自粛が呼びかけられているので誰にも言えずに一人で来た。本来なら楽しんで見られるはずなのに、こんな後ろめたい気持ちで見なければならないのは残念だ」と漏らした。

 大通公園付近で首から「観戦自粛」のプラカードを下げたボランティアスタッフ男性(72)は「『危ないので密集しないで』と呼びかけたら、年配男性に『関係ないだろ』と怒られた。五輪を楽しみたい気持ちはわかる。無理にどいてもらうわけにもいかないし、呼びかけにも限界がある」と明かした。

 6日には競歩の男子50キロ、女子20キロ、7、8日には花形競技、マラソンの女子と男子が行われる。競歩を撮影していた写真家の男性(50)は「マラソンには競歩の何十倍もの人出があるのでは」と心配そうに話した。(岡田昇、鈴木剛志、榧場勇太、角拓哉、能田英二、斎藤徹)