胎内被爆、母乳は「悪魔の毒薬だった」 語り続ける使命

有料会員記事核といのちを考える

大久保泰
[PR]

 【千葉】長崎の原爆で胎内被爆した千葉県我孫子市の的山ケイ子さん(75)は今夏、1人での語り部活動を始めた。語り部活動を続けていた同市原爆被爆者の会は、高齢化で戦後75年の昨年度、活動に区切りをつけた。1人でも続けるのは「原爆と戦争の悲惨さ、平和の尊さを伝えるために生き残らされている」と感じているからだ。

 今年7月。的山さんは我孫子市役所で中学生と向き合った。

 長崎に原爆が落とされた1945年8月9日、爆心地から約2・4キロ離れた自宅にいた母トシ子さん(当時23歳)のおなかの中にいた、と自己紹介。翌9月24日に生まれたが、生後約1週間で首から上が紫色に腫れ上がったという。

 「おっぱいは魔法の薬、神秘の液体とも言われるが、私の場合は『悪魔の毒薬』だった」。中学生にはこう語りかけた。

 聞き手の中学生は、市の被爆地派遣事業のメンバーだ。今年は12人が8月9日から広島に行く。その1人、同市立湖北中2年の植田ひなたさん(13)は、熱心にメモを取り、「とても大変な思いをしながら一生懸命に生きてこられたんだとわかった」と話した。

     ◇

 的山さんが自らの被爆を知ったのは、小学校5年生の時だ。米国の原爆傷害調査委員会(現・放射線影響研究所)の調査を受けた時、母から聞いた。「クラスに同じような子がいないか、周りの動きを気にしていた」という。

 63歳で小学校教師をやめた…

この記事は有料会員記事です。残り219文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
核といのちを考える

核といのちを考える

被爆者はいま、核兵器と人類の関係は。インタビューやコラムで問い直します。[記事一覧へ]