家3軒、牛5頭、美容ケア… 金メダルに「ご褒美」殺到

有料会員記事

半田尚子
[PR]

 お金に家、牛、タピオカドリンクや美容ケアが生涯無料――。東京五輪バドミントン女子ダブルスで金メダルを獲得したインドネシアのグレーシア・ポリー選手とアプリヤニ・ラハユ選手に対し、国内各方面から「ご褒美」が殺到している。政府に限らず、歓喜に沸く企業や著名人からも申し出が相次いでいる。

 両選手は2日、中国ペアを破って金メダルを獲得した。現地メディアなどによると、インドネシア政府は開幕前、金メダルを獲得した選手に報奨金として50億ルピア(約3800万円)を支払うと約束。他にも国内の富豪や配車サービス会社「グラブ・インドネシア」から、計10億ルピア(約760万円)の支払いオファーがあるという。

 ご褒美はお金に限らない。両選手には首都ジャカルタ北部の高級住宅地にある家など、少なくとも計3軒の物件が贈られる。スラウェシ島にあるラハユ選手の地元自治体は家に牛5頭もつけた。また、別の自治体からは、約500平方メートルの土地もプレゼントされるという。

 コーヒーショップを経営する…

この記事は有料会員記事です。残り389文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら