メッシがバルセロナ退団 規約抵触のため新契約結べず

共同
[PR]

 サッカーのスペイン1部リーグのバルセロナは5日、エースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(34)が退団すると発表した。6月末に従来の契約が満了し、クラブによると新たな契約を結ぶことで双方が合意したが、リーグの財務規約に抵触するため正式締結できなかった。

 現地メディアによると1億3800万ユーロ(約179億円)とされる年俸を半減して5年契約を結ぶ方針だったが、クラブの年俸総額がリーグの定める上限を超えるため認められなかったという。

 13歳で下部組織に入団してからバルセロナ一筋でプレーするメッシは、公式戦通算778試合で672得点をマーク。4度の欧州チャンピオンズリーグ(CL)優勝など多くのタイトル獲得の原動力となった。昨夏に退団希望して去就が注目されたが、シーズン開幕前に翻意して残留した。(共同)