菅首相、平和記念式典で原稿読み飛ばし 訂正を検討

核といのちを考える

小手川太朗
[PR]

 菅義偉首相は6日午前、広島市中区平和記念公園で開かれた平和記念式典でのあいさつで、用意していた原稿の一部を読み飛ばす場面があった。式典後、首相周辺が読み飛ばした事実を認めた。

 首相は式典で、「ヒロシマ、ナガサキが繰り返されてはならない。この決意を胸に、日本は非核三原則を堅持しつつ、核兵器のない、核軍縮の進め方をめぐっては、各国の立場に隔たりがあります」などとあいさつした。首相周辺によると、一部で意味が通じにくいところがあったことから、首相は同日午前に開かれる記者会見で訂正することを検討しているという。(小手川太朗)

核といのちを考える

核といのちを考える

被爆者はいま、核兵器と人類の関係は。インタビューやコラムで問い直します。[記事一覧へ]