台風10号、8日ごろ関東甲信に接近か 沿岸部で強風も

[PR]

 台風10号は8日ごろ、関東甲信に接近する恐れがある。進路や台風の発達状況によっては沿岸部で非常に強い風が吹く見込みで、気象庁は強風や高波に警戒を呼びかけている。

 6日朝、台風10号は南大東島近海を東へ進んだ。中心気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。7日午前6時までの24時間の予想雨量は沖縄で100ミリ。今後、発達しながら日本の南を北東に進み、7、8日にかけて東日本に近づく見通し。

 また台風9号は6日朝、台湾の西を東北東に進んだ。中心気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで、10日から11日にかけ日本に接近する可能性があるという。