世界2位の地位を固めた卓球日本、中国との差は メダリストが分析

有料会員記事卓球

[PR]

卓球 森薗政崇の目

 卓球の女子団体の決勝。日本の1番手の石川佳純平野美宇の両選手のダブルスのコンビは、とても仕上がっていました。石川選手の試合勘や嗅覚(きゅうかく)は、日本女子で一番。強い球が来ても台の後ろに下がらずに押していたので、平野選手が得意とする早い打点での攻撃を引き出していました。

 でも、中国ペアはよく研究していました。日本ペアが逆回転のサーブに強いレシーブができないことを見抜き、勝負どころで突いてきました。結果論になりますが、準備の面で、差があるように見えました。

 準備と研究。これが、今大会…

この記事は有料会員記事です。残り426文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら