子どもの喜ぶ顔、実は「大人のため」かも 悩むバランス

有料会員記事

橋本佳奈、松川希実、田渕紫織
写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 旅行から飲食店まで、「子連れ」のプランはいまやすっかり定着しました。その中で先日、「息子とデート」を押し出したある宿泊プランがSNSで批判を浴び、中止となりました。いったい、何が問題だったのか。子育て中の記者たちもひとごとには思えず、識者たちをたずねて背景を掘り下げました。そこから見えてきたのは、普段の子育てにも通じる難題。自分たちにも返ってくる話だと感じました。

 「ママと息子の初めてのお泊まりデート」

 そのプランは、こう名付けられていた。販売したのは、大手リゾート施設の運営会社。プラン自体は数年前から続いていたが、今年5月、ツイッターで言及されたのを機に批判が広がった。プランは中止され、公式サイトからも削除された。

 この運営会社は取材に対し、「本企画につきましては、企画コンセプトなど社内で見直すこととなりました。取材につきましては辞退させていただければと考えております」と回答した。

 SNS上で批判されていたポイントは、大きく分けて二つ。

①「お泊まりデート」という名前が恋愛や性愛を連想させる。「父と娘のお泊まりデート」だったら許されないのでは

②「子ども目線」に欠け、大人を満たすために子どもを利用している

 特に記者が考えさせられたのは、②の「子どもを利用している」という視点だ。

 まず、こうしたプランは特殊…

この記事は有料会員記事です。残り1883文字有料会員になると続きをお読みいただけます。