将棋の藤井聡太二冠の対局始まる 竜王戦で八代七段と

有料会員記事

佐藤圭司
[PR]

 将棋の藤井聡太二冠(19)=王位、棋聖=が6日、第34期竜王戦読売新聞社主催)決勝トーナメント(決勝T)の準決勝で、八代弥(わたる)七段(27)との対局に臨んでいる。勝者は、三番勝負の挑戦者決定戦に進出し、永瀬拓矢王座(28)と対戦する。敗者は、今期の竜王挑戦の可能性が消える。重要な対局だ。

 対局場所は、大阪市福島区関西将棋会館。対局開始前に行われた「振り駒」の結果、先手は八代七段に決まり、対局は定刻の午前10時に始まった。持ち時間は各5時間。終局は夜になる見通し。

 竜王戦は、将棋界に八つあるタイトル戦の一つ。全棋士と女流棋士4人、奨励会員1人、アマチュア5人が参加する。

 予選にあたるランキング戦が…

この記事は有料会員記事です。残り547文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら