5歳から鍛え続けた努力する天才 レスリング・乙黒拓斗の圧倒的練習

有料会員記事レスリング

金子智彦
[PR]

 努力する天才。

 レスリング男子フリースタイル65キロ級の乙黒拓斗を知る人は、そう口をそろえる。

 「勝つ、負けるじゃなく、(力を)出すか、出さないか」

 乙黒拓は練習量に裏打ちされた自信を胸に7日、東京オリンピック(五輪)のマットで頂点を狙う。

 2018年世界選手権を19歳10カ月で制した。日本男子の最年少優勝記録を44年ぶりに塗り替えた。超攻撃的なスタイルで、まばたきすら許さないスピードが魅力の22歳だ。

 運動神経抜群は天性と評されがちだが、小さい頃から「練習の虫」だった。

 山梨県出身。公務員でレスリ…

この記事は有料会員記事です。残り1066文字有料会員になると続きをお読みいただけます。