「匠吾は日の丸背負う」中3の冬、断言したマラソン恩師

有料会員記事

佐々木洋輔
[PR]

 「匠吾は将来、日の丸を背負うランナーになる」

 東京五輪男子マラソン代表の中村匠吾選手(28)を中学時代に指導した後藤二三夫さん(73)=三重県四日市市石塚町=は、中村選手と母親を前にそう言い切ったことを覚えている。中3の冬だった。

 「まさか現実になるとはなあ。匠吾は本当によう努力した」

 後藤さんは五輪を前に、その言葉の真意は別にあったことを明かしてくれた。

三重県の公立中学の目立たない生徒

 中村選手と出会ったのは、後藤さんが四日市立内部(うつべ)中学校の社会科教諭で陸上部顧問だった57歳のとき。定年退職まで残り3年というタイミングだった。

 中村選手は当時、体が細く、返事の声もか細かった。自己主張が苦手で、部員の隅っこにいて目立たない生徒だった。

 しかし、走らせると目を見張るものがあった。走りに無駄な動作がなく、スピードの緩急にもセンスを感じた。練習態度もまじめでよくメモをとる。ライバルに対して研究熱心だった。ずば抜けて速いわけではなかったが、「いい選手になる」と感じた。

 中学時代、後藤さんが中村選…

この記事は有料会員記事です。残り1174文字有料会員になると続きをお読みいただけます。