卓球男子団体、韓国を3―1で破り「銅」獲得 メダルは2大会連続

卓球

[PR]

 東京オリンピック(五輪)第15日の6日、卓球男子団体3位決定戦は、日本が韓国に3―1で勝ち、銅メダルを獲得した。この種目は、銀メダルだったリオデジャネイロ五輪に続き2大会連続のメダル。

 各チーム3人が出場する団体戦はダブルス1試合とシングルス4試合で行われ、先に3勝した方が勝利。3位決定戦で日本は水谷隼(32)、丹羽孝希(26)がダブルスで3―1で勝ち、シングルスは張本智和(18)が3―1で制して2連勝。続く丹羽が0―3で落としたものの、水谷が3―0で勝った。

 テレビインタビューで張本は「水谷さんがいての日本男子チーム。最後、決めてくれると信じていました」。丹羽からも感謝の言葉を受けた水谷は、「最高の後輩たちに恵まれた。パリ(五輪)では金メダルをめざして、後輩たちに頑張ってほしい」と話した。

 日本は準決勝でドイツに敗れ、3位決定戦に回っていた。