多摩川で川遊びの小5、おぼれて死亡 深みにはまったか

[PR]

 6日午前11時半ごろ、東京都昭島市宮沢町3丁目の「くじら運動公園」付近で「(男の子が)多摩川でおぼれて見えなくなった」などと通報があった。小学5年生の男児(10)が川から救出されたが、約1時間半後に病院で死亡が確認された。

 警視庁昭島署や東京消防庁によると、男児はこの日、保護者3人や小学生の友人ら8人と多摩川の浅瀬で遊んでいるうちに、深みにはまってしまったとみられるという。現場付近は浅瀬が中心だが、中央付近に1・7メートルほどの深みもあるという。