37歳主婦、海底から高2を救助 シンクロの経験生きる

渡辺松雄
[PR]

 海水浴場で溺れた高校2年の男子生徒(17)を素潜りで引き揚げて救助したとして、福岡市東区の主婦、中山まゆこさん(37)に唐津海上保安部佐賀県唐津市)が6日、感謝状を贈った。シンクロナイズド・スイミングとプールの監視員のアルバイトの経験が生きたという。

 海保と中山さんによると、7月23日午前10時50分ごろ、福岡県糸島市の芥屋海水浴場の沖約40メートルを泳いでいた高校生3人のうち1人が溺れた。近くで子どもたちを遊ばせていた中山さんが、残る2人の高校生が叫んでいるのに気付き、クロールで現場に向かった。

 水深2メートルほどの海底に、うつぶせになっている黒い頭が海面から見えた。素潜りで海底から引き揚げ、あごをつかんで頭を肩に乗せ、気道を確保しながら浜辺まで運んだ。男子生徒はドクターヘリで搬送中に意識を取り戻したという。

 中山さんは3歳で水泳を始め、小学5年から高校1年までシンクロをしていた。高1の夏休みにはプールのアルバイトをしたといい、「後から思ったら、経験が生きた。誰でも溺れて水を飲んだらパニックになる。気をつけてください」と話していた。(渡辺松雄)