• アピタル

国内感染者数、累計100万人超す 8日間で10万人増

新型コロナウイルス

[PR]

 新型コロナウイルスの国内感染者が6日、累計で100万人を超えた。午後8時現在で新たに1万5645人が確認され、3日連続で1日の過去最多を更新。新規感染者は先月29日以降ほぼ連日、1万人を超えており、「第5波」による感染拡大は深刻さを増している。

 6日に死亡が確認されたのは全国で計20人。5日時点の重症者は前日から197人増の1020人で、16日連続の増加となった。

 昨年1月以来の累計感染者数は100万3011人(クルーズ船含む)になった。先月29日に90万人に達して以降、わずか8日間で100万人を超えた。「第4波」だった5月は18日間で60万人から70万人に達していたが、さらに速いペースで10万人増えた。

 6日の東京都の新規感染者は4515人で、5日に次いで過去2番目に多かった。前週の金曜日(7月30日)から1215人増え、曜日ごとの感染者数は13日連続で最多を更新。直近1週間の1日平均は3820人に上る。年代別では1517人だった20代が最多で、30代以下で全体の7割近くを占めた。

 2日に緊急事態宣言が出された神奈川県は2082人、大阪府は1310人、千葉県は1057人で、いずれも過去最多。このほか、新潟、富山、山梨、静岡、三重、京都、福岡、熊本、鹿児島を加えた計12府県で最多を記録した。

「思いがあまりにも違う」 分断生む東京五輪、医療現場や被災者の声

緊急事態宣言下、異例ずくめの中で開幕した、東京五輪。 その「平和の祭典」を複雑な心境で見つめる人々がいます。 医療現場や被災者、飲食店経営者など――。 それぞれの目に、五輪はどう映っているのか。現場を追いました。

【動画】分断の五輪 ―コロナ下のTokyoでー

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]