食卓とは何か 動物は機械か 思考が暴れる2人展

有料会員記事

田中ゑれ奈
[PR]

 京都芸術センター(京都市中京区)の「ニューミューテーション」は、活動歴5年未満の注目の若手を取り上げる展覧会シリーズだ。今回は小嶋晶(あき)と小林椋(むく)の2人展。「意味」や「目的」をめぐって縦横無尽に広がる思考が、それぞれユニークな空間として立ち現れている。

 小嶋は看護師として集中治療室などで働いた後、美術家に転身した異色の経歴を持つ。これまでインタビューに基づく映像やインスタレーションなどを組み合わせた思索的な作品を発表してきたが、今回はよりパフォーマンスの要素の強い「食卓」シリーズを展示する。

 コロナ禍での失職や展示の中止、家族の介護が重なり精神的に追い詰められていた時、いつも座っている食卓が灰色に見えた。そんな出来事から生まれた3作品は、いやおうなく変質していく日常にあって、世界の「意味」を自身の手に取り戻すための思考のレッスンだ。

 最初のビデオインスタレーシ…

この記事は有料会員記事です。残り1086文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら