赤字続いた名鉄 鉄道と不動産で明暗 4~6月期決算

今泉奏
[PR]

 名古屋鉄道が6日に発表した2021年4~6月期決算で、本業のもうけを示す営業損益は18億円の赤字(前年同期は102億円の赤字)だった。コロナ禍で鉄道と観光を中心に低迷が続いている。今後の回復を見込んで22年3月期の業績予想は130億円の黒字で据え置いた。

 コロナ禍前の19年4~6月期と比べると、今期の鉄道旅客収入は定期券販売が13%減だったのに対し、定期外が45%減。通勤通学では需要が戻ってきた一方で、一般の人の移動はまだまだ抑えられている。事業別では、営業損益ベースで交通事業が17億円の赤字、観光部門を含むレジャー・サービス事業で31億円の赤字となった。

 マンション建設や駅前開発を積極的に進めている不動産事業は26億円の黒字だった。記者会見した古橋幸長財務部長は「(鉄道利用の回復が)少しゆるやか。ワクチン普及による改善に期待している」と述べた。(今泉奏)