バッハ会長、五輪による感染拡大の可能性は「根拠ない」

有料会員記事

遠田寛生
[PR]

 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は6日、記者会見を開き、東京オリンピック(五輪)の開催と、国内の新型コロナウイルス感染拡大との関係を否定した。「間接的な影響があったという主張には根拠がない。そうした主張を裏付ける数字は出ていないように思う。直接的にも間接的にも影響はない」と述べた。

 東京五輪は「成功した」と繰り返し、新型コロナの感染拡大で世界中が苦しむなか、世界を一つにし、連帯を示し、人々に「希望」や「平和」というメッセージを届けられたとして、「100年先にどうなっているか決めつけたくないが、いつの日か歴史上の出来事として振り返られるだろう」と自賛した。

 開幕前は心配な気持ちもあったというが、選手たちが振り払ってくれたと語り、「無観客が決まったあと、個人的には今回は魂が抜けた五輪になるという懸念があった。だが、アスリートたちがすばらしい魂を与えてくれた」と述べた。

 また、日本側の財政負担が重…

この記事は有料会員記事です。残り433文字有料会員になると続きをお読みいただけます。