武道館の戦没者追悼式、参列200人 コロナで最少に

新型コロナウイルス

久永隆一
[PR]

 政府は終戦から76年の15日に東京・日本武道館で開く全国戦没者追悼式について、遺族や来賓ら参列者を過去最少の約200人に絞ることを決めた。新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた措置。

 例年、追悼式には5千人程度が出席していたが、コロナ禍での開催となった昨夏は542人に減った。今年は会場がある東京都緊急事態宣言の対象地域になっており、遺族は26人が参列予定の東京以外は各1人程度に絞る方針。ただ、宮城、大阪、沖縄など21府県が辞退したといい、参列遺族は付き添いを含め100人の見通し。参列予定の遺族の3分の2は戦没者の子で、戦没者の配偶者の参列はゼロとなる。追悼式が始まった1963年以降、配偶者が参列しないのは初めてだという。

 来賓の招待も減らすが、天皇皇后両陛下や菅義偉首相ら三権の長は例年通り参列する。(久永隆一)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]