• アピタル

デルタ株感染4割超の愛知 「ちょうど東京の2週間前」

新型コロナウイルス

[PR]

 愛知県は6日、387人の新型コロナウイルス感染(再感染2人)が確認されたと発表した。うち名古屋市は165人。300人台は3日連続。5日夜時点で新規陽性者は過去7日間平均で269・3人に達し、緊急事態宣言を要請する基準となる国の指標でステージ4に達した。

 入院患者は1日で32人増え365人(病床使用率21・9%)。過去7日間平均は299・1人で、ステージ3(314人以上)が目前。一方、今回の「第5波」は軽症・無症状が多く、自宅療養は1日で217人増えて1289人に達した。ホテル療養は498人。重症者は13人(病床使用率7・6%)、中等症は139人となっている。

 県内では、8日から31日まで「まん延防止等重点措置」が始まる。名古屋市など12市町村を重点措置区域とし、飲食店は酒類の提供ができなくなる。

 県は営業時間を短縮する飲食店や商業施設への協力金として約441億円、売り上げが減少した酒類販売業者への応援金として約6億7500万円などを盛り込んだ補正予算案を10日の臨時県議会に提出する。

 8日に名古屋市など12市町村で「まん延防止等重点措置」が始まるのを前に、県が6日、対策本部員会議を開いた。長谷川好規・国立病院機構名古屋医療センター院長が、デルタ株感染率が4割を超えた状況を「ちょうど東京の2週間前」と指摘。柵木充明・県医師会長は「東海でも首都圏や関西と同じように急激に増える」としたうえで、自宅療養者をフォローする人員の大幅な増員や入院待機ステーションの新設などを訴えた。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]