富岡高出身のバド 東野・渡辺ペアと知事オンライン対談

バドミントン

力丸祥子
[PR]

 東京五輪バドミントン混合ダブルスで銅メダルを獲得した東野有紗選手(25)と渡辺勇大選手(24)が6日、県庁の内堀雅雄知事とオンラインで対談した。

 2人は富岡一中に通った富岡高の卒業生で、東日本大震災を経験した。渡辺選手は「五輪は特別な舞台で素晴らしい場所だった。6年間、僕を育ててくれた福島のみなさんに感謝したい」と話した。

 東野選手は「応援してもらって自分たちの力を出せた。県民と一緒に勝ち取ったメダル。震災やコロナで練習ができない期間もあったが、五輪で結果を残し、恩返しをしたかった」と振り返った。

 2人は銅メダル獲得を喜びつつ、悔しさもにじませた。渡辺選手は「ここで満足していない。パリ五輪で金メダルをとるため、2人で頑張りたい」。内堀知事は「第二のふるさと福島県は、県民をあげて2人を応援する」と応じていた。(力丸祥子)