雑木林に死体遺棄容疑、カメルーン人を逮捕へ 奈良県警

有料会員記事

[PR]

 奈良市の雑木林で7月23日に女性の遺体が見つかった事件で、知人でカメルーン人の20代男が遺体を遺棄した疑いが強まったとして、奈良県警は近く、死体遺棄容疑で逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材でわかった。県警は、男と女性の死亡との関連についても調べている。

 女性は、同県大和郡山市介護職員笹岡順子さん(56)。7月9日に大阪府内の福祉施設で勤務後、行方がわからなくなり、同月23日、奈良市の雑木林で遺体で見つかった。

 捜査関係者によると、笹岡さ…

この記事は有料会員記事です。残り197文字有料会員になると続きをお読みいただけます。