安全バトン一転、攻めが裏目に 男子400mリレー、まさかの幕切れ

陸上

堀川貴弘
[PR]

 あまりにもあっけない幕切れだった。東京オリンピック(五輪)男子400メートルリレーで、日本は、1走の多田修平と2走の山県亮太でバトンが渡らず、メダルなしに終わった。バトンミスで順位がつかなかったのは五輪では1996年のアトランタ五輪以来だ。

 予選と同じオーダーで臨んだ決勝。多田は絶好のスタートを切った。落とし穴はその直後にあった。

 前日の予選はミスを避けるため、4人が「安全バトン」と口をそろえた。当然、タイムは落ち、決勝に進んだ8チーム中最下位の38秒16にとどまった。

 一方、決勝は逆転を狙った「攻め」のバトンパスを試みた。

 2走の山県が予選より「20センチほど」早めにスタート。しかし、多田が、バトンを受け渡す30メートルのテイクオーバーゾーン内で山県にうまく渡せなかった。何度もしゃがみ込み、失敗を悔やんだ多田は「普段は届いている距離だった。つながらなかったのは僕の実力不足」と自分を責めた。

 山県は「走りは生もの。予測を重ねても分からないことが起きる」。走ることさえできなかった3走の桐生祥秀、4走小池祐貴も「攻めた結果」を受け入れようとしていた。

 金メダルを狙ったこの大会。ライバルを見ても、自己ベストが9秒台の選手を3人そろえられたのは、日本のほか英国しかなかった。実際、37秒43の日本記録で走れれば、頂点に立つことができた。

 桐生は言った。「銀でも銅でも僕たちは満足しなかった。次につなげるためにいろんなことを上書きしたい」。努めて前を向こうとした。(堀川貴弘)