女子マラソン一山麻緒8位、日本勢4大会ぶり入賞 鈴木亜由子19位

陸上

[PR]

 東京オリンピック(五輪)は7日、札幌市大通公園発着で女子マラソンがあり、一山麻緒(24)が2時間30分13秒で、8位入賞を果たした。日本選手の入賞は、2004年アテネ五輪で野口みずきが金メダル、土佐礼子が5位、坂本直子が7位となって以来、4大会ぶり。

 鈴木亜由子(29)は2時間33分14秒で19位、前田穂南(25)は2時間35分28秒で33位だった。

 ペレス・ジェプチルチル(ケニア)が2時間27分20秒で金メダル。世界記録保持者のブリジット・コスゲイ(同)が2時間27分36秒で銀メダルだった。

 女子マラソンの開始時間は当初午前7時だったが、札幌市で記録的な暑さが続いていることを背景に、6日、大会組織委員会から1時間前倒しすると発表されていた。