殺人未遂容疑で男逮捕、無差別に乗客襲撃か 小田急刺傷

磯部征紀
[PR]

 東京都世田谷区内を走行していた小田急線の電車内で6日夜、複数の乗客が男に刺されたり殴られたりした事件で、警視庁は7日、川崎市多摩区西生田4丁目の職業不詳、対馬悠介容疑者(36)を殺人未遂容疑で逮捕し、発表した。「誰でもよかった。大量に人を殺したかった」と供述しているという。同庁は無差別に乗客を襲ったとみている。

 対馬容疑者は6日午後10時ごろ、現場から北に約4キロ離れた東京都杉並区のコンビニに現れ、店員に「自分がやった。逃げるのに疲れた」と説明。警視庁が事情を聴いていた。

 捜査1課によると、逮捕容疑は、6日午後8時半ごろ、成城学園前―祖師ケ谷大蔵間を走っていた藤沢発新宿行きの快速急行(10両編成)で、乗客の20代の女子大学生の胸や背中などを包丁(刃渡り約20センチ)で刺し、殺害しようとしたというもの。被害者と面識はなく、「6年くらい前から幸せな人を見たら殺したいと思っていた」「座っている女性を殺してやろうと思い突き刺した」と供述しているという。女子大学生は重傷だが命に別条はないという。

 捜査関係者によると、対馬容疑者は先頭から4両目の車両から2両目まで移動しながら、複数の乗客を包丁で切りつけたり殴ったりした。3両目ではサラダ油をまき、火を付けようとしたという。電車が祖師ケ谷大蔵駅近くで緊急停車すると、包丁や携帯電話を放置し、線路上を徒歩で逃げたという。ほかに20~50代の乗客9人もけがをした。

     ◇

 小田急線の電車内で男が刃物で乗客を負傷させた事件を受け、国土交通省は7日、全国の鉄道会社に対して安全確保の徹底を求める通知を出した。東京五輪の開催に伴い、警備を強化していた中で事件が起きたことを重視。警察と連携した巡回による警戒監視や、防犯カメラ、非常通報装置などの適切な運用を求めたほか、事件の概要を社内で周知し、注意喚起することも要請している。(磯部征紀)