台風9号、8日にも九州接近の見込み 上陸の可能性も

[PR]

 東シナ海を北上する台風9号が8日から9日にかけ、九州・山口に接近、上陸するおそれがある。広い範囲で大雨に見舞われる可能性があり、気象庁土砂災害や河川の増水のほか、激しい突風に警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、台風9号は7日正午現在、沖縄県与那国島の北西約80キロを時速約30キロで東に進んでいる。中心気圧は994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル。

 台風9号は今後、勢力を維持したまま東シナ海を北東に進み、早ければ8日夕に九州に接近、上陸する見込み。福岡管区気象台によると、9日正午までに予想される24時間降水量は、九州・山口で100~200ミリ。宮崎県では多いところで200~300ミリに達するおそれがある。

 気象台は、8日から9日にかけて大雨警報が出る可能性が高いとし、土砂災害や低い土地への浸水に加え、暴風やうねりを伴った高波に警戒を呼びかけている。