小田急元車掌「あえて狙ったのか」憤り 通過駅最多区間

有料会員記事

[PR]

 男が乗客を切りつけるなどする事件があったのは、小田急でも停車駅が少ない快速急行だった。殺人未遂容疑で逮捕された対馬悠介容疑者(36)=川崎市多摩区=は、警視庁の調べに「逃げ場がなくて大量に人を殺せるから電車を選んだ」と供述をしている。

 事件があった電車は、登戸(川崎市)を出て、下北沢(世田谷区)に向かっていた。この区間の通過駅は快速急行では最多の10駅あり、駅間は8分かかる。

 小田急で車掌を経験した一人は朝日新聞の取材に、「小田急線の中では(特急を除き)長い時間、乗客が車内を出られない区間。利用者なら知っていることなので、あえて狙ったのではないか」と話した。「恐怖でしばらく電車に乗れなくなる人も出てくるはず。あってはならないことで、許せない」と憤った。

車掌「電車は性善説で成り立っている」

 鉄道では乗客が被害に遭う事件が過去にもあった。

 2015年6月には神奈川県

この記事は有料会員記事です。残り269文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら