シティーハンター宝塚版 雪組新トップ彩風咲奈が小粋に

写真・図版
雪組公演「CITY HUNTER」。新生トップコンビ彩風咲奈(右)と朝月希和が息のぴったりあった演技を見せる=兵庫県宝塚市、滝沢美穂子撮影
[PR]

 あの昭和の名作漫画「CITY HUNTER」が、令和の時代によみがえった。しかも「清く正しく美しく」の宝塚歌劇団で。果たして相性はどうなのか。

新生雪組、のびのびとはじけて

 8月7日に宝塚大劇場兵庫県宝塚市)で開幕した雪組新トップコンビのお披露目公演「CITY HUNTER―盗まれたXYZ―」(脚本・演出は齋藤吉正)。原作は、1985年から週刊少年ジャンプで連載した北条司ハードボイルド・コメディーだ。

 主人公の冴羽獠を演じるのは、新トップスターの彩風咲奈(あやかぜさきな)。東京・新宿を舞台に悪と戦う腕利きの狙撃手で、無類の女好き。「今日もかわゆいねー」と女の子にちょっかいをかけまくる。

 そのたびに、新トップ娘役の朝月希和(あさづききわ)が演じる相棒の香(かおり)に「100トンハンマー」で殴られる。原作漫画のどぎついセクハラや直接的な「もっこり」の描写は避けつつ、ハンマーの「ぼよーん」という効果音と愛らしい表情で笑いを誘う。

写真・図版
トップ娘役になった朝月希和(左)は、ハンマーを持って堂々と槇村香を演じる。右は彩風咲奈=滝沢美穂子撮影

 シャツインにボディコンと、原作さながらの一昔前のファッションをそのまま再現。舞台中央のスクリーンに映る古めかしいCMや、天井に飾られた繁華街のネオンサイン。ちょっとダサめの彩りが、ベタな笑いの世界観にマッチする。

あの楽曲ももちろん登場。新生雪組の底力を感じるショーの話題へ続きます。

■2次元キャラはお手の物…

この記事は有料会員記事です。残り879文字有料会員になると続きをお読みいただけます。