坂本勇人が「バントしていいですか?」 短期間で成熟した侍ジャパン

有料会員記事野球

井上翔太
[PR]

 野球日本代表侍ジャパン」を指揮する稲葉篤紀監督が49歳の誕生日を迎えた3日。翌日に準決勝を控えるなか、滞在先のホテルでマスク姿の選手、首脳陣、スタッフが集まり、距離を取りつつささやかなパーティーが開かれた。「Happy Birthday to You」を歌ったのは初代表に選出された阪神の青柳晃洋だった。

 一昨年の国際大会「プレミア12」に選ばれた元代表でヤクルトの田口麗斗からは、ビデオレターとともに赤色のパンツがプレゼントとして届いた。稲葉監督は「皆さんにはお見せできないけど、決勝ではきます」。試合中の厳しい表情とは一変、それぞれから笑みがこぼれる。一体感が漂っていた。

 「いい選手を集めるのではな…

この記事は有料会員記事です。残り856文字有料会員になると続きをお読みいただけます。