川崎北が最高賞 神奈川県吹奏楽コン高校B

斎藤博美
[PR]

 第70回神奈川県吹奏楽コンクール(県吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)の高校B部門が7日、川崎市スポーツ・文化総合センター(同市川崎区)であった。32校が参加し、川崎北が最高賞の朝日新聞社賞を受賞した。

 同校を含む12校が、9月11日に宇都宮市で行われる東関東大会に出場する。

 結果は次の通り。

     ◇

 【金賞・東関東大会出場】横須賀総合、相模女子大、相模原中等教育学校、金井、逗子、橋本、横浜商、厚木東、大西学園中・高、七里ガ浜、海老名、川崎北

 【銀賞】鶴見、中央大学付属横浜中・高、茅ケ崎西浜、東、慶応義塾、希望ケ丘、元石川、霧が丘、大磯、有馬、関東学院六浦

 【銅賞】大和、横浜栄、藤沢西、平塚学園、アレセイア湘南、横浜女学院中・高、平塚江南、川崎総合科学、旭丘

 ※横浜南陵は辞退

     ◇

 「うれしくて泣いちゃいました。でも練習通りにできたのがよかった」。最高賞の朝日新聞社賞に輝いた川崎北の部長の阿南華穂さん(3年、トロンボーン)は語る。

 同校で20年近く、外部講師として指揮者を務める秋裕一郎さん(48)は「部員が激減してしまい、少人数編成ならではの難しさがありました」。コロナ禍などが影響したのか、2年前には70~80人いた部員が今大会では31人に。大人数対象のA部門(55人以内)からB部門(30人以内)に移っての挑戦となった。

 初心者もいる中で選んだ曲は「ワイルド・ナイツ!」。「譜面通りの人数がいないので、(奏者が)足りないパートを他のパート(の奏者)で補うなどの楽譜作りがかなり大変でした」。生徒たちには「君たちは神奈川で一番だ」と鼓舞し続けたという。

 本番では、その意気込み通りの演奏を披露した。秋さんは「この勢い、これからも続けます」。(斎藤博美)